読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国の就職難になぜ手を貸さないといけないの?

f:id:syuchandesu:20160301002640j:plain

韓国貿易協会なる団体が、深刻化する韓国 若者たちの就職難に立ち上がり、 彼らへの日本への就職を支援する行動を。

 

何かと言えば反日感情MAXの韓国ですが 国内経済は壊滅状況のようですね。

そこへ、今度は我が国へ就職の斡旋ですか。

何事につけてもアンバランスな国ですね。

散々反日感情を植え付けておいて、今度は親日ですか?

 

もっと先に我が国に対してやるべきことがあるでしょ!

こういう国民神経が理解出来ませんよね。

 

既に、日本の就職会社マイナビトと韓国の求人情報サイトの ジョブコリアと業務提携を結び、ソウルで「日本就業成功戦略説明会」 なるものを開催したという。

日本への就職志望者への教育を行うそう。

7月には、日本企業を招き、採用博覧会を開催。

ここまで聞くと、韓国の就職難は相当なんですね。

 

というか、韓国経済がもはや失速状態なんです。

元々韓国GDPに占める財閥企業10社の売上高は76.5% と財閥独占状態。

そして、

輸出依存度が40%!

失業率20%!

脱税率44%!

何をか言わんやですね。

国として終わってますよね。

 

就職の話に戻すと サムスン現代グループ、ロッテグループなどの 国内一流企業に就職するには、 優秀なだけではダメで相当なコネが無いと就職出来ない そうですね。

 

45歳までに役員になれば貴族、そうでなければ...

将来破綻が待っているだけなんです。

折角あれだけの受験勉強したのにですよ!

 

だから、日本に助けを求めてくるのは目に見えてるんです。

激しい受験勉強を勝ち抜いて来た者だけに優秀な人材は 多くいるんでしょうね。

 

もしかしたら、彼らにとっては反日なんて感情は無いのかも 知れませんが。

いわゆる、落ちこぼれという若者が一番始末に終えないのかも。

将来のある若者に手を貸すのはいいけれど、その前に韓国として やるべきことをやるのがスジと思いますが。